雑談:GTゴシップトーク

野村周平が歩きタバコをやめない理由とは

非喫煙者が許せない「歩きタバコ」は、単にマナー違反ということだけではなく、タバコの火や煙によって、害や恐怖を与えているから。それでも野村周平が歩きタバコをやめない理由とはナゼなのだろう。

歩きタバコは、子どものまぶたや耳にタバコの火や煙があたり、火傷や副流煙による体への影響も報告されている。被害者が子どもの場合、加害者である大人はその場から立ち去ってしまうということが多いという。路上喫煙や歩きタバコを禁止する条例を設ける自治体もあるが、野村周平がやめる気配はない。

野村周平はツイッターで『タバコ吸ってたら印象悪い。タトゥー入ってたら印象悪い。意味わからない。』とコメント。歩きタバコをやめない理由は、歩きタバコへの批判ではなく「タバコを吸っていることが悪い」と勘違いしているからだと思える。

ネット上では「タバコは臭いし、受動喫煙もある 周りに迷惑なのに印象悪くないとか勉強不足甚だしいかと」「あなたも意味わかりません」「喫煙所で吸ってるなら問題ないやろ」と正論が多くよせられている。

みんなはどう思う?
ガルエ (89歳)

ID:garue

2019年10月07日

【4】
コメント(2)
ラヴィーナ (27歳)

ID:hj8e95c2

子どもに当たりそうで怖い。
0
返信(0)
カトリーヌ (27歳)

ID:sb6nxk6j

ラリってるからかとw
0
返信(0)